magumaの日常を半強制的に知らしめるページ


by maguma55

おめでた。

11月初めての日記はおめでたい事です。
自分の友人がデロイトから内定を貰いました、しかも英語の面接を受けて。
俺には怖くて絶対出来ない。英語で面接とか、日本語でもはじめは凄く緊張したのに、英語でて。自分が出来そうにない事を淡々とこなす人は尊敬出来ます。素晴らしい。
先程連絡してもらったのだけど、我が事の様に嬉しかったし大変刺激を受けた。
いやあ、めでてえめでてえ。上には上がいるもんだ。彼の今後に期待したい。

さあ、めでたい彼の波に乗って自分も何とか学校を卒業したいものだ。
現在5つほどクラスをとっているのだけど、中々の強者共で大変です。
まあ、友人で7クラスとか同時にとっている人もいたので、これと比べたら5クラスでヒーコラヒーコラいっている自分はまだまだあまちゃんです。

全てうまくいけば、12月25日の船で日本に帰国する予定なのですが、どうなる事やら。こんなにストレス感じた事ないですわ。そもそも、留学しようと思った理由の1つに"困る"というものがあったのです。

中学高校時代の自分は悩んだり困るといった事を知りませんでした。リアルに悩みって何だ?という感じで、脳みそ空っぽにしながら日々アメフトに精進していたわけですが、ふと将来の事を考えたときに「あ、俺今までの人生で悩んだ事ねえ。」という事に気付いたのです。悩んだり困ったりした事のない人間ほど、脳みそ空っぽで、かつ困った時に砂でたてた超高層ビル並みに崩れやすい人間はいません。そんな時たまたまお袋が家に置いていた留学関連のパンフレットが目に入り、これだと思ったわけです。日本語しか知らねえのに、英語圏の大学に行ったらこれはかなりの確率で困れるなと。そして、無効には金髪のおねいちゃん達も沢山いるなと。

そんなわけで、自分の我が侭を聞いてくれた両親のお陰もあり、今こうしてCalifornia週はSanJoseにいて、日々変な事に精進しているわけですが、当時立てた目標の"困る"と言った点ではかなりの割合で満足しています。もう4年間本当に困りました。困り倒しでしたぜ。いやあ、困った。これは困ったね。どうしよう。やべえ、マジで困った。という感じでした。もちろん、いやこれはマジで余裕と言った感じで学校生活を送っている遥か雲の上の存在的な友人達も多々いましたが、そんな中自分は困っていました。この結果、御陰様でかなりのコマリワクチンが体内に生成されたはずなので、今後生半可な事では困らないはずです。

あとは、日本に帰って日本という国を改めて経済面で最強にする為に日々精進するのみです。日本をより住みやすい国に。日本をより働きやすい国に。日本人でいる事により誇りを持てる国にすべく日々精進。大日本経済帝国万歳。ははははははは。


友人のお陰で精神が高揚している状態で書いたので何か変ですが、まあ軽く放置しておいて下さいな。
[PR]
by maguma55 | 2007-11-07 14:53