magumaの日常を半強制的に知らしめるページ


by maguma55

<   2005年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

最近、たまに悩むことがあります。
俺は俺が意外と物事について悩むことがあるということに最近気付いたのです。
今まであまりにも物事について悩まなさ過ぎた酬いでしょう。
というか、悩むということは悪いことではありません。
少しくらい、悩むような事に出会った方が成長すると思うのです。
何も悩まないで、らんらん生きているのは『能天気』or『単細胞』のどちらかです。
俺はそれ等のどちらかでした。
ということで、今の俺は『単細胞生物』から『多細胞生物』に進化したということです。
広辞苑によると、
『単細胞生物』:全生活史を通じて単一の細胞から成る生物。進化のもっとも初原的な形態をとどめている。細菌などの原核生物、鞭毛虫類・繊毛虫類・根足虫類、珪藻類の大部分などがこれにあたる。
『多細胞生物』:多くの分化した細胞が集まり合って一個体を構成する生物の総称。普通肉眼で見られる生物はこれに属する。
ということで、進化のもっとも初原的な形態から肉眼で見られる生物に進化したということなのです。
いやあ、悩むっていうのも中々いいことですなあ。
これでやっと周りの人に肉眼で認識してもらえるようになったということです。
これで念願の『ゾウリムシ』を卒業して、『人間』になったのだ。
しかし、『ゾウリムシ』である事の素晴らしさも忘れてはいけないのである。
文献によると、「ゾウリムシは時々ゾウリムシ同士で接合して、核の情報を交換して若返りをはかります。接合しないで分裂だけで増えようとしても、分裂回数には限界があるのですが接合すればその回数をリセットできるのです。それが若返り。」
素晴らしいじゃないか、『ゾウリムシ』。彼等はなんと、分裂だけで増加していくのだ。
人間が増加するのには異性の人間一対が必要になって、そのうえ一回の交尾で子供が一人生まれたとすると人口は0.5倍になるというのに。
『ゾウリムシ』は単体が分裂して二つになるとは、なんて自立してるんだ。
そうして、自分だけで分裂していき増加する限度にくると、接合して若返りをしてまた分裂を開始する。素晴らしい。なんて、凄い人生を送っているんだろうか。
これは『単細胞』ってけなし言葉じゃないな、って思ってしまいますよ、俺は。
よし、決めたぞ、俺は『単細胞生物』でいこう。別に悩まなくてもいいや。be optimismだ。
でも、『ゾウリムシ』のように口の近くに肛門があるのは考えもんだな。
飯とともにウンコを食ってしまう可能性がある生活は嫌だ、絶対にいやだ。
せめて口と肛門は離れていて欲しいものだ。
b0062579_21572269.jpg
                                               ←俺
[PR]
by maguma55 | 2005-02-22 21:27
タイトルと内容は全く関係ありません。

最近、日本人の凄さに感心しているのです。この前ケイタに聞かせてもらった『sleep walker』という日本人のjazz musicianの"the voyage"と"in to the sun"という音楽があるんですが、素晴らしいです。もう『素晴らしい』の一言につきます。もう自分には表現しきれんです。こんなにも自分の語彙の無さを悲しんだことはありません。いや、というか言葉で表現すること自体もう愚かなのであります。こういった音楽のマスターピースは言葉で伝えようとしてはいかんのです。その音楽の良さを伝えたい時は音楽そのものを聞いてもらうしかないのです。と言うことで、暇があったらsleep walkerの音楽聞いて下さいな。
あと、邦画もいいですな。『スイングガールズ』と言うのと『みんなのいえ』、『黄泉がえり』そして、『いま、会いにゆきます』という邦画を最近みたんですが。中々のもんです。その中でも特に『スイングガールズ』がお勧めであります。これは良かった。自分は最初この映画に出ている女の子たちが演奏しているわけではないと思っていたんだが、さっきHPを見てみたらなんと長期間におよぶ練習の成果により全て自分達で演奏しているとのこと。素晴らしい。格好いいなあ、あんなに楽器が出来たら楽しいだろうに。全部プロが録音していたもんだと思っていたので、自分の中でさらに評価があがりました。迫力のある洋画とかと比べてしまうと少し地味なのかもしれないが凄く楽しめたし、邦画の良さをしったのであります。『スイングガールズ』はお勧めでっせ。
b0062579_20202685.jpg

[PR]
by maguma55 | 2005-02-20 18:15
今期の授業は楽しいものが多いです。
まず、psychologyの授業。これは『授業』っていう感覚の授業ではありません。先生がホワイトボードに何かを書いて、それを生徒が写して、といった所謂『授業』というものではないのです。Fournierさんが教えるこの授業は全員参加型といったかんじのアクティブな授業なのです。例えば、小さな紙に異性に対する疑問みたいなものを書いて、クラスをmale femaleに分け、その紙をmale femaleそれぞれに配ってその質問に答えるとか。俺が手にした紙には如何にも女の子的な『How do you explain the difference between terms "love" & "like"?』という質問が。『I just don't give a shit.』 という感じです。というか、そんなの説明できないです。難しすぎます、哲学です。といった感じで、この授業は型にはまっていない面白い授業なので楽しい時間を過ごさせて頂いています。
ほかにはmathの授業もとっているんですが、自分はハッキリ言って数学得意じゃありません。いや、包み隠さず言いますと、むしろ苦手な域であります。しかしですね、たま〜に数学の授業をとってみて実際に問題を解いてみたりすると意外と面白いんですねこれが。面倒くさい解法を使って面倒くさい式をとく。で、面倒くさいことをしているだけに自分が出した答えが合っていたりすると、とてつもなくうれしいのです。これはスポーツに近い感覚ですな。いいタックルをした時と、解答があっていた時の感覚は凄く似ていることに気付いたのです。であるからして、中々どうして数学の授業は楽しめるのであります。
ということで、今学期は凄くクラスに恵まれていていい時間を過ごせそうであります。
[PR]
by maguma55 | 2005-02-19 17:57
今日DVC食堂で久しぶりにチーズバーガーを貪り食らうミッチェルに出会った。
彼は最初俺を横目で確認した後、シカトを決め込んだので俺はからみにいってやった。
奴はノートを広げていたのでどんな事を書いているのか、と、そのノートを見させて頂くとノートのはじっこの方の解き方の横にカタカナで「ナルホド!」と書いてあった。
おそらく授業を受けている時に「なるほど!」と思ったので「ナルホド!」と書いてみたのだろう。そして、「ナルホド!」なんて自分で自分のノートに書いている自分に笑っていたに違いない。しかし、この感覚は俺にも分かる。俺もたまに一人でいる時に、一人でルパンの真似とかをして、そんな事をしている自分に笑う事がある。これは、かなり危ない。こうなったら本当に危険信号である。でも、突発的に真似をしたくなるのである。俺の一人モノマネショーには他に美川憲一やとっつぁん、ビートたけしなどがある。これはほとんど弟の影響である。弟が俺にやってくるモノマネの印象がとても強いからである。弟の美川憲一はかなりうまい。俺は一生抜く事が出来ないだろう。だから、一人夜な夜な美川憲一の練習をするのである。
それにしても、自分でとっているノートの中に自分で「ナルホド!」と書くとはかなりのやりてである。
俺は、今まで「なるほど」という言葉は誰かと話している時に相づちとしていう言葉だと思っていたんだが自分のノートに「ナルホド!」と書く人間もいるのである。大きな発見である。流石はミッチェルだ、感動した。
[PR]
by maguma55 | 2005-02-09 15:27

Super Bowl XXXlX

今日は待ちに待ったSuper Bowlの日である。俺が一番好きなRavensというチームは地区で2位だったんだが、他の地区のチームにわずかに勝率の差でまけてPlayoff進出とはいかなかったので残念であります。で俺の好きなチームなんかはさておき、アメリカ全土を二分している2大カンファレンス『NFC』と『AFC』(日本のプロ野球のセリーグとパリーグみたいなもの)のチャンピオン2チームがWorld Championの座をかけて戦うのがSuper Bowlなのです。で、アメリカの頂点を決める大会なのに世界一を決めるなんて言っちゃって本当にアメリカ人は自我が強いというか、ある意味世界が狭いと言うかと思った皆さんに説明をしておきますとアメフトにおいては現在アメリカが圧倒的に強いのです。サッカーとかホッケーとかバスケットボールとか世界一が結構コロコロ変わってしまわないのがアメフトなのです。アメフトだけはアメリカが圧倒的に強い。だって、アメフトのワールドカップにはアメリカは出てこないのです。だって、出たってアメリカが勝っちゃうのが分かってるし、アメリカが出たらワールドカップがつまらなくなりますから。だって、名前からして”アメリカン”フットボールですぜ。そりゃアメリカ強いですよ。だって、日本舞踊をアメリカ人に踊らせたって、日本人より下手でしょう、おそらく。自国の名前が付いちゃってるくらいのスポーツですから、もう何を隠そうアメリカが世界最強なのです。ということで、アメリカの頂点を決めるSuper Bowlはフランスが何を言おうと、スペインが何を言おうと、デンマークが何を言おうと、セントビンセント及びグレナディーン諸島の人々が何を言おうと、World Championを決める戦いなのです。
で、”Super Bowl”タツローとユウコちゃんとMr.Yakuzaタカヒロと観戦しました。結果は俺たちが応援していたPhiladelphia EaglesがNew England Patriotsに打ちのめされました。もうね、Patriotsは強過ぎる。だって、ここ4年間で3度もSuper Bowlを制覇してるんですぜ。もうね、見ていて隙がない。ぬかりねえチームです。Patriotsファンの人々は本当に落ち着いて試合を見ることが出来るでしょう。そして、毎回楽しい試合観戦が出来ることでしょう。だって、強いし、隙がないんですもの。一方Patriotsが嫌いな私はPatriotsが戦う試合全てハラハラしながら、嫌な気分で見ているのです。ワタシハモフイッソノコトPatriotsノフアンニナラフカトオモヒマシタヨ。サウスレバ、Patriotsノシアヒモタノシムコトガデキマスシ。と言うことで、残念な結果に終わった第XXXIX回Super Bowl、悔しかったですが、興奮させてくれたいい試合でした。クソ強いPatrotsに敬意を評しつつも夢の中でボコボコにしてやろうと思います。それでは、みなさんお休みなさい。

b0062579_1919431.jpg

[PR]
by maguma55 | 2005-02-06 18:53
さて、メキシコシティにやっとの思いでたどり着いたホワンは早速職探しを開始した。ホワンは憲法広場の露店に行き、飲み物を買い一息ついた後その売店で「すみませんが、たった今、この町に来たところで、仕事を探しているんです。人ではいりませんか?」と尋ねた。すると、店の人は「今はいらないよ、忙しい時期が来て、客が一杯になったらな。ありがとう、若いの。」とホワンの提案を断った。その日の午後、ホワンは結局革製品の店、花屋、パン屋、菓子屋、かご屋、ロウソク屋、果物と野菜の店、そして銀の装身具店をまわった。まわった店それぞれが違う答え方をしたが、その意味するところはみんな同じ、つまり「いらない」ということだった。疲れきったホワンは広場に戻り軽い食事をとった後その場でぐっすり寝てしまった。広場の時計が十二時をまわったころ、ふと人の気配がしたため目を覚ますと警官が浮浪者を捕らえているのに気がついた。ホワンは持ち物を掴むとすぐに大聖堂のそばの人目に付かないところに逃げ込み警官に見つからないだろうか、とおびえながらその晩を過ごした。次の日もホワンは職探しに没頭した。雑貨店に始まり、貸し馬車屋、ホテルと回ったが相変わらず良い返事を貰えるわけでもなく冷たくあしらわれるだけだった。ホテルの後に靴屋では断られたもののホワンの状況を察してくれた主人が「普通はすすめないんだがな、君がよほど困っているらしいんでね、工場をあたってみたらどうかね。ここから北へ2キロほど行ったところに鉄工所がある。」と教えてくれた。「どうもありがとう」とホワンは礼をいい、早速その工場に走るようにして向かった。工場に辿り着いたホワンは工場から出てきた工員に「一日に何時間働くのですか?」と尋ねた。すると工員は「12時間から16時間」と答えた。12時間から16時間も働くのか、と思いつつも農場で働くより悪くないと思い、事務所へと向かった。しかし、ホワンは丁度何人かの腕っぷしの強そうな男たちが4人の、頬がこけ、目の色がどんよりとした病人の様な男たちを通りの方に放り投げているところに出くわした。そして、その腕っぷしの強そうな男はホワンが目にとまると「お前、仕事を探しているのかね?たった今4つ空きが出来たところだよ」と話しかけた。ホワンは恐ろしくなり、きびすを返すとその場を立ち去り町の中央へと戻った。
[PR]
by maguma55 | 2005-02-06 18:27

黒死病

http://jp.shockwave.com/shortfilms/periwig/shortfilms.html
ここにあるショートフィルムはお勧めです。
この作品はアカデミー賞にノミネートされたこともあるらしく、凝った作りになっています。
あとここのアニメーションも中々楽しめます。
「或る旅人の日記」は特にお勧め。なんか、すごく落ち着かせてくれます。
[PR]
by maguma55 | 2005-02-03 12:00