magumaの日常を半強制的に知らしめるページ


by maguma55

<   2005年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

最近の事

最近ホストマザーの提案でホストマザーのうちで軽くバイトをさせて頂いている。
軽い庭仕事やガレージの片付けなどのハウスキーピング的事をやらせて頂いているんだが、週に何度かあのうちに行っているとあのうちにすんでいた事を思い出すのだ。今はもう17期生の子達がいるんだが、あのうちにいる時だけ居候しているみたいな気分になるのだ。俺の元ホストマザー「アンナ」も色々あったのだが相変わらず元気で若い。嬉しい限りだ。
こうやって、家を出ても度々お邪魔できるというのは凄く嬉しい。
[PR]
by maguma55 | 2005-06-30 15:34

How to lose weight.

俺がこよなく愛する TheBaltimore RavensのHPを見ていたら面白い記事があった。
体重の減らし方だ。体重の減らし方には諸説色々あるが、今回はこの記事で扱っていた方法をかるく紹介しようと思う。
人間にはFat Burning Zone(いかFBZ)というものがあって、これは人間の心拍数のある一定のZoneのことをいうのだが、その心拍数の範囲内で運動をするとより効果的にダイエット出来るらしいのだ。一般的に(俺個人も)激しく運動すれば運動するほど、体重を落としやすいと思いがちだが、それは間違いであって激しく運動しても、このFBZの最大心拍数を超えてしまうと体内の炭水化物を消費し、脂肪分は消費しなくなるらしいのだ。ということで、より効果的に体内の脂肪を消費するにはFBZの範囲内の心拍数の数値で運動をする事が必要なのだ。
ではどのようにその心拍数を設定するのかは以下の計算方法が必要である:
以下が、23歳の人がFBZを計算した場合。
まず220という数字を使い、それから自分の年齢を引く。後は、表記の通り。
220 - 23 (age) = 197
197 - 65 (resting heart rate) = 132
132 * 65% (low end of heart rate) OR 85% (high end) = 85.8 OR 112.2
85.8 + 65 (resting heart rate) = 150
112.2 + 65 (rhr) = 177
The target heart rate zone for this person would be 150 to 177
(resting heart rate とは一分間での自分の脈拍数の事)
ということで、23歳の人間のFBZの脈拍数はんいは150~177ということになる。
この脈拍数の範囲内に運動中の自分の脈拍数を保っていれば効果的に体内の脂肪を燃やす事が出来るのである。ダイエットをしてみようかなと考えているみなさん、この計算式をもとにじぶんのFBZの脈拍数範囲を知ってより効果的な運動をしませう。
[PR]
by maguma55 | 2005-06-26 11:59
タイトル通りヨセミテに行ってきたんだぜ。車でのこんな遠出は初めてだぜ。
やはりね、良いよね、自然はさ。もうね、本当に自然は良いよ。素晴らしいよ。
って、自然が多いところにいって人間が興奮してるって皮肉だよね。
まあ皮肉だろうが、何だろうが、自然は素晴らしいのだ。原点回帰だ。類人猿的にも。

兎に角、ヨセミテのスケールは凄いんですよ。何しろ広さが東京都の1.6倍ですぜ。
という事は、俺のホームタウン「椎名町」なんて、なんとかフォールの滝壺程度ですぜ。
それは言い過ぎだとしても、本当にヨセミテは広大だし、何をとっても迫力が違うのです。
恐らく手が届きそうなところに見えている滝や山が、実は5マイルとか離れているんだと思う。
これは本当に凄い事ですぜ。俺の家の近くなんかは見えるものは本当に近いものくらい。
小さい街に人間と建物がごちゃごちゃあるから家から見えるのは鈴木さんちや渡辺さんちくらいなものなのだ。かろうじて少し高いビルが見えたとしてもたかが1/2kmくらいしか離れてないツタヤだし、遠くに小さく見えるサンシャインでさえも恐らく2km離れていないだろう。
それがヨセミテでは本当に遠くのものが見えるのだ。東京圏内で10kmも離れたものが見える場所があるだろうか。恐らく都庁などの高層ビルの展望台からだけであろう。
ヨセミテでは平地に立った自分の目線から遠〜くの山々や滝がみえるのだ。素晴らしい。言葉では中々表せないですぜ。そんな事をしたら野暮だ。とか言って色々頑張って言語で表現しようとしてるけど。兎に角、「筆舌に尽し難い。」この言葉がふさわしい。ということで、野暮はやめて。まあ見れ。
b0062579_14211577.jpg

道中見つけたガススタンド。看板には「Last Gas to Yosemite」と旅人の不安を煽る一文が。しかし、その大きな表示の下には小さく「15miles to Yosemite」と良心の呵責からか店主の言葉が。。。ふてえ野郎だ。結局このガススタンドは「Last Gas to Yosemite」ではありませんでした。ずりぃ。
b0062579_14283760.jpg

凄いでっしゃろ。あの滝まで平均35mile/hで30分くらいかな。ということで、恐らく10kmは離れていますな。直線距離だと5km無いくらいだろうけど、遠いべ?
b0062579_14342190.jpg

川は凄く透き通っていて地面が透けて見える。水はメチャクチャ冷たくて気持ちがいいです。
b0062579_14371659.jpg

木と木の隙間から山が「さぁーす。山っす。」という感じです。
b0062579_14384551.jpg

Bridal Veilという凄くロマンチックな名前。その名の通りミストが花嫁のベールの様に見える事から命名されたらしい。PCを横に。もしくは首を骨がきしむくらい左に傾けて御覧下さい。もうちょい、もうちょい。そうそう、あ、あとちょっと。もうちょい。そうそう、そんくらい。
b0062579_1440825.jpg

ノーマル風景。しかし、こんな風景が360°延々と。$20ポッキリで見たい放題。
「はい、どうですかそこのお兄さん。$20ポッキリで見たい放題。寄ってきますかヨセミテに。」っていっている客引きが入り口にいたりいなかったり。でも、実際入園料は車一台$20です。格安です。どんなに見回しても、どんな角度で見ても$20です。格安です。
b0062579_14452820.jpg

とりはもう一回、滝。兎に角素晴らしい。マイナスイオンをがんがん放出中。
もう嫌というほどマイナスイオンが。マイナスイオン攻めです。

という感じで、西海岸にいる方、もしくは来る予定がある方、ヨセミティパーク(これ正しい発音ね。アメリカ人はteをティって言います。因に空手と酒もカラティとサキィです。)に是非一度足を運んでみては。
[PR]
by maguma55 | 2005-06-21 14:48

ちょい旅

San Jose State Univ. に行ってきた。俺が行きたい大学だ。
噂に違わぬ良い雰囲気の大学で、

b0062579_064140.jpg



こんな外観で、




b0062579_075070.jpg



こんなインテリアをしている鬼のようなライブラリーがあり、キャンパスの雰囲気は




b0062579_091280.jpg






b0062579_0101060.jpg





b0062579_011039.jpg





b0062579_0115452.jpg



な感じで中々趣きがあっていいのである。



そして、大学には関係ないが、


b0062579_0131180.jpg

(牛丼喰いかけ)

を喰らって帰ってきました。

[PR]
by maguma55 | 2005-06-15 00:14

どこへ行った?

ある店に旅行者が三人来て、それぞれ千円ずつ出しあって三千円の品物をかった。店員が奥へお金を持っていったら主人が「旅の方らしいから五百円おまけして差し上げなさい。」と言った。ところが、その店員がずる賢い奴で、二百円ちょろまかして三百円だけお客に返した。三千円出して三百円返ってきたという事は旅行者が九百円ずつ払った事になるはず。しかし、九百掛ける三で二千七百円。それに店員がごまかした二百円を足して二千九百円。
では、残りの百円はどこへいったとでしょう。
[PR]
by maguma55 | 2005-06-11 21:40

Jack of Club

昨日トランプの絵柄を見ていて気付いた事があるんだが、一つの規則性がある事に気付いた。♠の絵柄以外みんな左を向いているのだ。4つのスートの中で一番強い♠のK・Q・Jが孤立主義かなにかで右を向いており他のスートのK・Q・Jはみな左を向いているのだ。しかし!!一つ注目してもらいたいのが、♣のJだけが♠一族に追従して右を向いているのだ。むむむむ、凄く不自然だ。これは♣のJと♠一族の間で何か裏取引が行われているに違いない。そもそも、Jackという名前には色んな意味があって:使用人、召使、憲兵、密告屋、男役の女、The Importance of Being EarnestのGwendolenの心を射る為にErnestの偽名を使う若者、などなどあまり好ましくないものがずらり。♠以外のスートで一人右側を向いている、♣のJは密告屋あたりが適当な解釈であろう。四つのスートの中で圧倒的軍事力を誇る♠一家とそれに対抗し得る♥・♦・♣の連合軍の中で、隠れて♠に追従する♣のJ。怖い存在です。実はこいつのJはJokerのJだったりして...

これは俺の勝手な解釈なのでこちらにしっかりとした解説がございます。
[PR]
by maguma55 | 2005-06-09 06:59

信号無視と神と・・・

そういえば、この間とある道行くおばさんに「Steps to Peace WIth God」と書かれた紙をもらった。突然である。俺は普段こんなもの貰わないんだがあまりにも突然であったので頂戴してしまった。というのも、俺が軽く信号無視をしてIEC近くの道を横切っていた時に信号が変わって向こうから向かってきたおばさんが哀れむような目で俺を見た後、例の紙をくれたので、俺はつい受け取ってしまったのだ。で、後で紙を確認してみると「Steps to Peace WIth God」と書いてあった訳だ。俺は無神論者であって神の存在は信じていないので、こんな紙を貰っても困るのだ。あの時の俺は確かにファイナルなどで疲弊してはいたが、そんなに神の助けが必要に見えたのだろうか?それとも、信号無視をした事についてざんげせねばならなかったのだろうか。
よく池袋の町中で変なプラカードを持ったおっさん共がキリスト教の教えか何かのテープレコーダーをひたすら流しているんだが、そいつら曰く、「神はあなた方の罪を全て背負われた。」らしい。そして、「懺悔しなさい。」と続く。何様のつもりだ。まあ、俺は何らかの悪い事はしているかもしれないが、なにゆえ神に懺悔せねばならないのだ。懺悔するならその懺悔は当事者間で行われるべきだ。俺は存在自体信じていないんだぞ。何でそんないるかどうか分からないやつに懺悔せねばならないのだ。全く持って不愉快だ。その高飛車な態度には頭にくる。しかも、世の中罪なんて犯していないであろうめっちゃ善良な市民は五万といる。そんな人間にも懺悔しろと言っているのだろうか?全く持って意味が分からん。
反論が怖い俺は常に最後に一言入れるのだが、俺は宗教を信じて、信仰して幸せになれる人達は信仰すれば良いと思う。そこは俺の否定出来るゾーンではないし、個人の自由である。ただ、俺は宗教が無くても幸せになれると思っているのでそれでいいのだ。と、考える神の救いと神への懺悔が必要そうに見える人間「細井優希」であります。
[PR]
by maguma55 | 2005-06-07 05:22

漁にでた

今まで経験した事が無く、恐らくこれからも経験する事が無いであろう事を経験してきた。
「カニ漁」だ。
MTVでやっているカニ漁の様に沖合までいってやる本格的なものではないが、網を使ってやる素人としては中々本格的な漁である。場所はSFの港「Pier 1」っていうところだったっけな。
その小さな波止場にある桟橋の様なものからその網を垂らしてカニを獲るのである。
網の中には小さなかごみたいなものがあって、その中に鶏肉を入れてカニをおびき寄せ、
その後に網を引き上げるのだ。網を引き上げる周期は大体5〜10分ほど。こんな感じの事をひたすら続けていくのである。最初はこんなところで本当にカニが獲れるのかどうか半信半疑だったのだが、実際に網を引き上げてみると、驚く事に網の中には大小会わせて7〜8匹のカニ達がうごめいているのである。これには正直驚いた。はっきり言って少し馬鹿にしていた。しかし、カニはしっかりと獲れるのである。こんな感じでただひたすら4時くらいから9時くらいまで網の上げ下げである。その波止場の桟橋はかなりいい雰囲気なので、カップルや親子連れが行ったり来たりしているのだが、俺たちはそんなものに目もくれず、ただただ網の上げ下げを必死の形相で行っていたのだ。隣では、熱々のカップル達がイチャイチャ。俺たちは引き上げたカニ達とイチャイチャ。涙が出てきて止まらなかった・・・なんてね。凄く楽しかったから良かったとです。途中その桟橋に来ていた日本人らしき女の子二人に友達の中の一人が「あれは絶対に日本人だ。何故なら日本語を話していた。」と日本語を全く理解出来ないくせに異様な自信とともに主張するので、そいつが尋ねてみたところその子達は本当に日本人だった。ビックリした。
どうやって分かったんだろうか。日本人だと分かった瞬間皆が声を揃えて「コンニチハ!アリガト!」とか言っていた、しかしシカトされていた。俺もガイジンの発音で「コンニチハ!」と言っておいた。日本人の女の子はモテル。「日本人はホットだ」と言っていた。何で男は持てないんだろうか。日本男子って甲斐性なしが多いのだろうか。それが、原因なのだろうか。と、カニ臭くなり冷えきった手を暖めながら一人ゴチていた。
カニ漁をしなくても、あの波止場は景色がいいしお洒落なところなので行くだけで面白いであろう。なんとかって言うお洒落なチョコレート屋さんもあったし。良い場所だった。
最終的に15、6匹のカニが獲れ、それを家に持ち帰ってから皆で頂いた。簡単に取れた割には中々いい味を出していて中々イケイケのカニだった。また、機会があったらカニ漁をしてみたいものだと思った。
b0062579_4462025.jpg

[PR]
by maguma55 | 2005-06-06 04:46

ニュースだ!

今日はニュースがございます。
一つ目は林原類人猿研究センターのツバキ嬢がおめでたです!
いやあ、子供で来ちゃいましたねえ。親父がロイかジャンバか分からないんですが、兎に角おめでたですぜ。

そして、もう一つ。日本代表がバーレーンに辛勝であります。1−0です。小笠原のミドルシュートで前半34分にもぎ取った一点をただひたすら守り続けて勝ち取った勝利であります。これで日本は次の北朝鮮戦を引き分け以上でW杯出場決定であります。これは一安心ですな、かかか。とりあえず、良かった良かった。
[PR]
by maguma55 | 2005-06-04 06:58

夏が来た

夏が来たね。日々暑い日が続くね。良い事だ。

ところで、前に来るはずだったルームメイトが心変わりしたのか、入らない事になったので新しくジェイソンという眼鏡をかけていてバイクに乗っている少しオタクっぽい人が入ってきた。良い奴だが食い物には厳しく、俺が作ったチャーハンをあげたら「Uh, not bad.」だってさ。結構厳しいよな。でも、実際俺も食べてみたんだけど、マジイ。Not Badだったらまだまだ良い評価だと思う。チャーハンまずい。俺料理下手だ、と改めて思わされた。何でかねえ。卵と米とタマネギを混ぜて炒めただけなのに、なんかすげえまずい。悲しいぜ。
[PR]
by maguma55 | 2005-06-03 11:41