magumaの日常を半強制的に知らしめるページ


by maguma55

<   2005年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Flight Plan

本日映画を観た。"Flight Plan"という映画だ。
ジョディ・フォスターが主演で飛行機に一緒にのっていた娘が消えてしまうという話だ。
これは落ちが肝心な映画で、もう落ちまで全てのストーリーがフリなのである。
観ている間中どういった落ちになるのかが気になってしょうがない、そんな落ち重視の映画であった。
で、肝心の落ちも中々のもので面白い映画でありました。
関係ないけど、入り口でチケットを切るおっちゃんが踊っていたのが面白かったであります。

話は変わって、最近気になった事があるんだが、iPodについて。
どうも世の人はiPodを持っている人々が白いイヤホンを垂らして歩いているのが気に入らないらしい。何故だろう。みな「見せびらかしていやがるのか?」みたいなことを言っているのだが何故だろう。この間なんてiPod nanoを持っている奴自身が「白いイヤホンを使うのが好きじゃないんだ。だから、俺はAudio Technicaのヘッドホンを使っているんだよ。」と言っていた。
おもしれえ、と思った。そんなのどうでも良いじゃん。別にiPod持っている奴らはそんなに意識してないと思うけどなあ。というか、周りの人々がそういう風に思っているという事を知ってビックリした。俺も白いイヤホン垂らして歩いてたら、「お、あいつiPod使ってるって粋がってるぜ。」なんて思われてたのかな。世間の目って言うのは怖いね。自分の事をどう見ているのかなんて分かったもんじゃねえ。だって、あの白いイヤホンってiPod買ったら付いてくるんですぜ。付いてきたイヤホンがあるのになにゆえ他社の白くないイヤホンorヘッドホンを買わなければならないのか。人のイヤホンなんか気にするな、と。人の使ってるmp3 playerの種類なんかいちいち気にするな、と。是非勝手に使わせてくれ。と、思った次第であります。

ところで、最近スキンを変えるのが面白い。このページの雰囲気が変わるからね。色々試そう。
[PR]
by maguma55 | 2005-09-29 18:33

一期一会なんだろうか

本日はLAの大学に行く友人を友達数人と見送った。
奴とは長い間友人だった訳ではなかった。
しかしながら、知り合ってからほんの数ヶ月だけだったが、妙に仲良くなれた。
なんなんだろうか。仲良くなれる友人っていうのは時を必要としないのだろう。
会ってすぐに、あ、こいつ結構気が会いそうだな、と。
一緒に遊んでると面白いな、と。
分かるのであろう。
そんな友人を今日見送ったのだ。
奴はいつもはつかみ所の無い、面白いキャラクターなんだが、今日はなんだか、しんみりとしていて、奴の目に光るものがあった。俺も思わず目頭が熱くなった。
普段と違うキャラクターをみせられると戸惑うね。
奴め、演出過剰だ。流石はアーティストだ。と思った。
まあ、また機会があれば会えるだろうし、一期一会の出会いではないだろうし、またそのうち会える日を楽しみにしているのである。
彼のLAでの健闘を祈る。
[PR]
by maguma55 | 2005-09-29 15:05

ばばばバスケ

先日バスケットボールをした。近くにあるヒドゥンレイクスパークという公園にあるコートでやったのである。俺らは一応バスケットボールのチームを非公式に作っていて、その名も住んでいるアパートから頂いて”Team Northridge”である。格好いいだろ。
そして、戦績は未だ負け無しの2戦2勝なのである。つええ、俺たち強すぎる。って2戦しかしてないんだけどな。
気になる今回の試合のお相手は”Concord Boulevards”である。名前は近くにある大通りから取ったものらしい。今回はメンバーが大分違ったので実質第2の”Concord Boulevards”がお相手だった。気になる結果は快勝で戦績を3戦3勝の負け無し&連勝記録を伸ばすに至ったのであります。しかし、相手チームは女の子がいたしまあしょうがない。勝って当然といっては当然でありませう。
いやはや、体を動かすという事はやはり素晴らしい事ですな。気分爽快であります。でも、体の節々が痛くなってしまいました。体は常に動かしていないといけませんな。で、試合を通して思った事は女の子はあたりが弱いという事です。俺のチームメイトが敵のパスをインターセプトしたんですが、その時に敵チームの女の子に接触してしまい転がしてしまいました。まあ、体重が40kgそこらの子と70kg以上ある健康な男子が接触すれば女の子があたり負けするのは当然ですよな。ガチンコの試合でこういったことが起こるのは当然ですが、倒した方も倒された方もお互い精神的ダメージをくらっていたようでかわいそうでした。やっぱり、本気の試合は同性のみでやった方が良い、と思った次第であります。
兎にも角にも、良い運動ができて充実した一日でありました。

夜は夜で友人のバースデーパーティーをBENIHANAで行いました。こっちに来てから初めていったのですが、シェフのみせるパフォーマンスが面白かったであります。鉄板の上で行われる絶妙なへらさばき、そして、その後に頂く食べ物の絶妙な味。いって良かった。幸せだった。しかし、何より驚いたのが、こっちで誕生日を祝うときは誘った誕生日の当事者が奢ってくれるというシステムであります。日本では誕生日の当事者にディナーやらなんやらをギフトとしてあげるのが普通だと思っていたのですが、こちら米国ではバースデーボーイorガールが食事代をもってくれるのです。いやあ、大変だ。祝われる方も複雑ですな。でも招待してみんなが来てくれたからお返しに食事代をもつらしいのです。文化の違いを感じた夜でした。そして、食事を終えた後今度はこちらからギフトをあげるのです。自分はSmoothie makerをあげました。氷と果物などを混ぜてシェイクの様にするものです。結構美味しいんですぜ。相手も喜んでくれていたので、ホッといたしました。いやあ、良い夜でありました。しかし、食事代を全て出してもらったのは流石に気が引けたなあ。今度何か機会があったらお返しをせねばな。
[PR]
by maguma55 | 2005-09-27 17:19
先ほど、Blue Note OsakaのHPを見ていた所、凄い事実を発見したのです。それというのも、俺の愛するMusiqとSPEECHがライブをするというのです。
いやあ、大阪に住んでいる人が羨ましいね。東京に来ないのかね。
Musiqがほんの数メートルの距離で拝めるんですぜ。こんな機会は中々どうして、ないんでは?
いや、あるか。うん、べつにあるよな。
しかし、Blue Note Osakaのセンスには脱帽ですぜ。是非青山でもMusiqのライブをして頂きたいと思うんですが。どうかね。大阪人ついてるね。東京人ついてないね。
Musiqは関西の方が好きなのかな。関東の事あんまり好きじゃねえのかな。
それとも、Blue Noteのスタッフ達のセンスの違いなのかな。いいなあ。いきたいなあ。
でも、Blue Note Tokyoのほうを見ていたらこちらも、また鼻血もののライブが。
なんと、あのJoe SampleとGeorge DukeのPiano Duoらしいですぜ。
すげえ、まじで見てえなあ。こんなのみたら鳥肌たちまくりで毛穴大開放だろうな。
いいなあ。日本ってやっぱりすげえなあ。こんな人達よべちゃうんだもんな。いやあ、素晴らしい。
[PR]
by maguma55 | 2005-09-26 04:02

むむむむむ.......

更新が途切れておりましたな。すみません。
早速3種類目を。本日はRiesling(REESE-ling)であります。
相性表曰く、Sweet and refreshing, excellent with the Breast of Chicken Fettuccine.だそうです。ふ〜ん、別に特筆すべき点はなかとですね。まあ、鳥と合うっていう所がいいですね、っていうくらいですなあ。

ところで、今日見た夢にあのJoe Sampleがでてきました。
自分は彼の音楽が凄く好きなのです。ライブにも一度行った事があります。しかし、夢で逢うとは思ってもいませんでした。自分は何故かラスベガスの高級ホテルにいて、自分の部屋に戻ろうとエレベーターにのった所、そこにあのJoe Sampleがいたのです。そして、彼ととりとめも無い会話をした後、ステッキを頂きました。2本持っているから1本いらないらしいのです。
メチャクチャ嬉しかったであります。夢の中のJoe Sampleは本物より大分老けていました。しかし、オーラは凄かった気がします。まあ、夢なんだけどな。でも、あこがれのアーティストに会えるっていうのは夢だとしても嬉しいものよ。ということで、夢でJoe Sampleにあった話です。
[PR]
by maguma55 | 2005-09-26 03:52

ワインの合わせ方

さあ、2種類目の紹介を致しましょう。
本日はWhite Zinfandel(White ZIN-fan-dell)であります。
パスタとの相性表曰く、
Sweet and enjjoyable, goes great with the Spaghetti with Browned Butter and Mizithra Cheese.
と書いてあります。Browned Butter and Mizithra Cheese.って俺が行った時に食べたんですが、メチャクチャこってり系だったので、恐らくこってりしたパスタと合うという事でしょう。
Wikipedia曰く、砂糖の量が多めで甘くアルコールも弱いのでワインを飲まないという人にも飲みやすいワインらしいです。どうやらお味の方はワインというよりフルーツポンチに似た感じらしいですぜ。お酒に弱い人でも飲みやすいんではないでせうか。
機会があったら是非お試し下さい。
とか、ワイン業界の回し者ではありませんぜ。
[PR]
by maguma55 | 2005-09-19 05:41

大賢は愚なるが如し

というのは「非常に賢い人は、知識をひけらかさないから、ちょっと見たところでは愚かな人の様に見える」ー広辞苑第五版、ということらしいのですが良い事だと思います。
人に何かと自分の話をする人、自分がいかに凄いのかを話したがる人、これは小さな人間達だと思います。小さくて、つまらない人間であればあるほど色々な話をして自分を大きくみせようとします。であるから、小さい人間、つまらない人間は色々飾った話をするのだと思います。
本当に賢く、自分に自信がある人間はそんな話をする必要もありません。
恐らく凄く謙虚にしているはずでしょう。自分の話をひけらかさなくてもその人と行動をともにしていればその人物がいかに凄いのかなんていうのはすぐに分かってくるのです。
大賢は自分の話を延々する必要がないのです。いいですね、格好いいですね。

そういえば、最近痩せてきた。2年程前の写真を見ていたら、「ぬぉ!」と思った。なんか顔がパンパンなのです。あんときは69kgくらいあってヘビーだったからなあ。今は62kgくらいで親父と同じ位になってしまった。痩せたいとは思っていたから嬉しい事は嬉しいのだが、痩せすぎてもなんかナヨナヨしてしまって気持ち悪そうだから、あんまり痩せすぎるのも嬉しくない。でも、また太って、狸みたいな腹になるのも嫌だしなあ。お、という事は64kgくらいで腹筋を付ければ良いじゃないかい?って今俺の中のフィジカル面の責任者が囁いてきたのでそうしようかと思います。

なにを書こうと思っていたのか思い出せないまま適当に2つ程書き終わった所で思い出しました。昨日行ったパスタ屋でワインを頂いたのですが、そこで貰ってきたパスタとワインの相性表があるので、それを少しずつ紹介しようかなと思っていたんだ。
ワインの種類は11。これから1日1種類ずつ紹介していこうと思います。
ではまず初日を飾るのは Asti Spumante(AH-Stee Spoo-MON-tehと発音して下さい)であります。その相性表曰く、"Great with everything. Celebrate"とのこと。ということで、なにとでも合う万能ワインであります。皆に合わせて周りの味の邪魔をしないAsti Spumante君は食事を頂きながら飲む時には最高のワインですね。しかし、それは個性とクセがない凄く普通の奴ということの裏返しでもあり、陰ではパスタやトースト達に「周りの味を邪魔しないだけならいてもいなくても良いんじゃないか?」とコソコソ言われているようです。まあ、特に何を買いたいでもなく、なんかワイン飲みてえなと思ったときはこれがいいかもしれませんな。
[PR]
by maguma55 | 2005-09-16 07:41

天高く馬肥ゆる秋...

と言う言葉があります。しかし、俺は肥えない。
秋から冬にかけて馬と共に肥ゆることが良くある自分は秋と冬もなるべく運動をして肥ゆる事の無い様に勤めようと思うのです。
体を動かさないとやはり人間駄目です。動かないでいるとストレスも溜まりますしね。
第一俺は馬じゃないしね。

酒に対してまさに歌うべし
人生いくばくぞ
たとえば、朝露の如く
去り行く日々の苦多し

これは中国の江東という場所を残してほぼ全土を治めた曹操孟徳が全土を支配するべく向かった長江の地でまさに決戦をせんとする時に今までの苦難の道のりを思い出して歌った詩なのですが、俺には全く良さが分かりません。意味は何となく分かるんですが、要は、

酒を酌み交わしつつ歌っちゃおうか?
人生って本当に短いよね。うん
例えるなら、朝露のような感じかな
いやね、俺本当に辛い日々を送ってきた訳なんだ

というような事を言っているのではなかろうかと。
俺はこれに対して、「おおお、曹丞相これはまた傑作ですな!はははは!」なんて言葉をかけるような事の出来る人間では無いのです。
柴田錬三郎によると曹操の家臣達はことごとくこの詩に感動し、おのが主君の凄さに改めて感じ入ったというのですが、俺はそんな事出来ないだろうと思われます。
もし俺が家臣であったとするならば、周りの雰囲気や顔を伺い、「うんうん、良いねこれ、凄いね。」と言った感じで周りにあわせる位で終わるでしょう。即興で歌ってしまうのと、さらにそれをあっという間に理解してしまう彼等。んんん。
まあ、こんな詩をうたってみても彼は結局この後の戦にボロボロに負けてしまうのですが。
まあ、あんまり詩と戦は関係なかったと。
やはり、戦は気合と頭だと。
そう言う事です。
[PR]
by maguma55 | 2005-09-14 01:55

Ravens

いやあ、昨日我が愛するRavensの開幕戦がございまして、友人色々と試合観戦をいたしまして、興奮しまくった訳ですが、それは第3Qまでの話でありまして、そこからはストレスとの戦いでありました。まったく昨日の試合はNFL No.1ディフェンス vs No.1オフェンスの対決!と銘打って行われたのにも関わらず、ディフェンスはレイブンズも良かったんですが、どちらかと言えばコルツの方が奮闘していた様にも見えましたし、オフェンスは言うまでもなくコルツの方が2枚も3枚も上手でしたし、もう観ていて悲しくなりました。確かにレイブンズのディフェンスはあの恐ろしいオフェンスをよく前半3点に押さえました。要はオフェンスが問題なのであります。彼等オフェンスが奮起してくれねばディフェンスがいくら頑張っても勝てんのです。ディフェンスが幾ら低い点数に押さえていてもオフェンスがあのていたらくでは勝てんのです。
という事で開幕戦だけを観ただけでは、先行き不安な感じがしました。
今後オフェンスの頑張りに期待であります。という、皆様方にはどうでもよろしい内容の日記でありました。
[PR]
by maguma55 | 2005-09-13 17:26

NFL開幕!!!!

いやあ、ついにNFLが開幕しましたね。嬉しい嬉しい。
しかしながら、こんなお祭り気分に水をさす出来事が。
実はですね、Patriotsがまた勝ちやがった訳であります。
もうね、このチームはめっちゃ強くて、まとまっていて、スターというスターがいる訳でもないのに統率力と、冷静さと、戦術で勝ってゆく教科書のような、お手本のようなメチャクチャ格好よく、素晴らしくムカつくチームなのです。
もうね、まさにダイナスティでありますよ。王朝ですよ王朝。
過去4年間で実に3回もあのSuper Bowlを制覇しているのですよ。
ホームではなんと26連勝と、恐らく過去3〜4年は本拠地で負けていないのです。
ホームで観戦しているPatriotsファンはそりゃ落ち着いて見ている事でしょう。
だって、3〜4年ホームで負けていないんですぜ。こりゃ、もう負けという2文字も忘れてしまってますぜ、恐らく。しかし、強いね。もう本当に強いね。強すぎて反吐が出る。
で、何故嫌いなのかというと、まさしく強すぎるからなのです。
強すぎるものはあまり好きでわありません。三国志でも曹操のことはあまり好きではありませんし、信長も秀吉も家康もあまり好きではありません。
俺は強いものを僻んでいるんでしょうか、強い奴らに対してコンプレックスを抱いているのでしょうか。確かに、高校の時在籍していたフットボールチームも強いことは強かったけども、他チームに恐れられる程強かった訳でわありませんでした。
しかし、Patriotsは恐ろしいです。奴らの戦いぶりたるや失禁寸前の恐怖感を与えてくれます。下手にリングやエクソシストを見るくらいならPatriots戦を見た方が数倍怖いです。
というのもですね、奴らはなんだか冷静さが人間ぽく無いのです。
人間って言うのは感情やらなにやらがあるから人間なのでしょう?
しかしですよ、奴らにっくきPatriotsはというと感情が無いかのごとくプレーをする訳ですよ。
感情が無い生き物って怖いでしょう?なんだか意思の疎通が取れないような気がして。
俺が羊と北米に生息するリスが嫌いな理由もそれですよ。
自分はあの羊とリス共に感情が無い様に感じるのです。
あの死んだようでなにを考えているかが全く読めない目。
奴らと目を合わせていると、なんか、吸い込まれて変な所に連れて行かれてしまいそうな、そんな変な恐怖感が僕を包むのです。
という感じで、まさしくPatriotsの戦い方も無我であり、感情が無い感じがして、なにを考えているのかが読めないのです。特にQBのTom Bradyという輩は極めて危険です。
やつこそ、本当に羊の様に感情が無いかのごとくプレーをしてどんなにピンチの場面でもガンガン冷静にパスを決めてきやがります。もう本当に危険。触るな危険であります。奴に触ったら火傷するぜ。こいつの冷静で正確なプレーのお陰でPatriotsは幾つもの逆転劇を繰り広げてきたのであります。
兎に角、奴らは強いし冷静だし、チームワーク抜群だし、文句の付け様の無い素晴らしいチームです。しかし俺は嫌いなのです。今年こそは俺の愛するBaltimore RavensがSuper Bowlを制覇してくれると信じて、今週日曜日のRavens vs Colts戦を楽しみにしているのです。
なんだか、Patriotsの宣伝みたいな事をしてしまいましたが、俺が本当に好きなのは、なにを隠そうBaltimore Ravensなのであります。今年こそ、彼等がAFC ChampionshipでにっくきPatriotsを破ってくれると信じてやまない訳です。

「アメフト良く分かんないし、あんまり興味ないけど、俺が五月蝿いから2〜3分くらいなら貴重な時間を割いて見てやっても良いけど。いや、別にアメフトが好きなんじゃなくて、ちょっとどんなスポーツなのかが知りたいだけだって。いや、別に好きじゃねえって。誰もそんな事言ってねえじゃん。だから、どんなスポーツなのか、しつこく言うからちょっと気になっただけだって。」って素直じゃない人も、アメフトを単純に見てみたいなと思った人も、こちらへどうぞ。ルールが簡単に説明してあるのでいい予習になると思いますぜ。
是非日曜日のBaltimore Ravens vs Indianapolis ColtsをESPNで5:30から観ましょう。
Ravensはディフェンスが冴える本当に良いチームですぜ。皆さんも虜になることでせう。
[PR]
by maguma55 | 2005-09-09 16:27