magumaの日常を半強制的に知らしめるページ


by maguma55

<   2006年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

夢バトン

maruから頂いた夢バトン 。やらせて頂きます。

Q1.小さい頃何になりたかった?
小さい頃は幼稚園生くらいの頃はベジータとか言っていた気がするなあ。そんなにドラゴンボール知らないくせにね。小学生では松下電器、ナショナル、パナソニックの創業者松下幸之助さんと、真珠の養殖を世界で初めて成功させた事で有名なミキモトの創業者御木本幸吉さん、そしてダッコちゃんで有名な玩具メーカーのタカラの創業者佐藤安太さんについて書かれた伝記マンガの様な物をお袋が買って来てくれる。それを読んで衝撃を受けて以来実業家になる事が夢になりました。

Q2.その夢は叶いましたか?

まだまだ、まだまだ。今後どうなるかは、まだまだ分からない。

Q3.現在の夢は?

小学生の時と同じ夢も持ちつつ、何より早く社会に出て勉強せねばという考えもありつつ。
どのような道が一番自分にとって有益かつ向いているのか、考えている最中です。
夢と言うか計画ですな。自分にとって夢と計画は同義ですから。

Q4.宝くじで3億円当たったら?

宝くじで3億円ねえ。株式投資するのかな。預金していても変化は無いしね。
とりあえず、maruと同じで2億は両親に渡すかな。残りの1億は中国株をもっと勉強して投資するかも。投資額が小さくてはリターンも少ないしね。中国がアルゼンチンみたいな事にならない限り俺の老後は確約されたようなものですな。ははは。

Q5.あなたにとって夢のような世界とは?

夢の世界ねえ。宗教が無い世界とかかな。異なった宗教同士の対立が原因で戦争になるケースって多いと思うし、それだったら宗教なんかいらないなと思うしね。キリスト教はwikipedia曰く。『人間は罪をおかす存在であるが、(神にして)人であるイエス・キリストの死はこれを贖い、イエスをキリストと信じるものは罪の赦しを得て(赦しを受けても償いの義務は残るので注意償いを免れるわけではない)永遠の生命に入る』なにさまだよという感じだし。人は罪を犯す存在だと!?意味分からん。で、イエスを信じると罪の赦しを得る、って言いたい放題だな。という感じなので、神やらなんやらの存在を認めない俺としては宗教が好きではないので宗教がなく人間自身を信じ、頼っていくような世界が良いです。

Q6.昨日見た夢は?

まじで思い出したくないんだけども、テストで悲惨な点を取っていました。
こええ、正夢だったら嫌だなあ。

Q7.この夢の話を聞いてみたいと思う人は?

個人的に小さい頃なにを考えていたのか気になるクァイとたくやに聞いてみたいです。
よろしければ、やってみて下さいな。お願いします。
[PR]
by maguma55 | 2006-02-28 14:23
ミーティング行って参りました。ミーティングをおこなった場所はメンバーの家だったのですが、凄い家でした。天井がめちゃくちゃ高かったです。あんなに高い天井は見た事がありません。置いてある家具もいかにも高そうな物ばかりだったし、裏庭も北島三郎邸ばりだったし。
いやあ、世の中広いです。お金持ちはいくらでもいる。その中でも更に階層分けされたお金持ち達がいるのです。自分の知らない世界はいくらでもありますな。色々見聞を広めなければ。
ところで、見聞を広めるといえばやはりあの『岩倉使節団』でありますが、「彼らは凄いなあ」、とその行ないについて知ってから6、7年経った今、改めて岩倉具視&使節団一行の行いの凄さに驚いたのです。だって、飛行機が頭上をビュンビュン飛んでいる今現在でも異文化に触れたり、それに溶け込もうとするのは中々大変なのですぜ。それにも関わらず、ペリーの黒船来航(1853)以来尊皇論派、攘夷論派、開国論派、佐幕論派、勤王論派、などが入り乱れ、紆余曲折した後、徳川幕府が大政奉還し、明治政府が樹立されたのが1868年。それから幾年もたたない1871年に横浜を船で発ってサンフランシスコについた後アメリカ大陸横断ですと!?これは誠にスゴか事ですばい。1871年ってまだ廃刀令も発布されていない時代ですぜ。そんな時代のアメリカ合衆国の認知度なんて一桁%台位ではないだろうか(完全に憶測ね)。そのような中、欧米諸国の日本に対する優位性を認めてそれを学びにいく貪欲さ。凄いですね。ただ、使節団の成果に対して「条約は結び損い金は捨て 世間へ大使何と岩倉」なんていう狂歌もあるらしく評価はまちまちのようです。
しかしながら彼らの行ないに対する自分の評価は高い!周りの評価は2分されようとも、やはり凄いハングリー精神と向学心ではないですか。これは本当に学ぶべきポイント多いです。
日本男児たるものこうあるべきですな。
[PR]
by maguma55 | 2006-02-27 23:56

Group Project

これからグループプロジェクトのミーティングにいってきます。
週一回しか無い授業を取っているのですが、週一回しか授業が無い代わりに結構なスピードで授業が進んでくれます。頑張ってついて行かねば置いて行かれます。
そして、グループプロジェクトの発表が隔週で行われます。
現在は日本にも進出しているOutback Steakhouseに関するケーススタディであります。
自分はこっちでも日本でも行った事が無いのでよく知らないんですが、中々良さそうなお店であります。オーストラリア風のお店で肉につける色々なシ−ズニングが売りのようです。
いやあ、しかし会社と言うのは凄く綿密な経営計画&市場のマーケティングのもとに運営されていくのだなあと改めて思い知らされました。何事においても調査&計画は大切ですね。

では、また
[PR]
by maguma55 | 2006-02-27 09:08

ダンゴムシ君

最近俺の部屋にダンゴムシがよく出没します。俺の部屋(部屋と言ってもリビングルームね)には大きなガラス窓があって、そこからベランダの用な所に出られる様になっているのだが、その大きなガラス窓がくせ者で、いくら閉めても少し隙間があるのです。ですからそう言った穴から外で生活しているダンゴムシ共が俺の部屋の暖かさを求めて入って来るのです。でも、彼らダンゴムシ達は俺に何らかの被害を与えるわけでもなく、俺の部屋に入って来てもウネウネしているだけで、数日後には固くなって発見されるというパターンを繰り返すのみなのです。ですから自分は彼らを別に嫌っていません。むしろ良いルームメイトだと思っています。すぐに他界してしまうけどね。ということで、俺のルームメイトのダンゴムシ達の紹介をさせて頂きました。
[PR]
by maguma55 | 2006-02-24 19:49

凄い音

人間って音でしっかり物の場所を把握出来るんですな。Holophonic(3つ目)というシステムで録音した場合音が上下にも動きます。恐るべし。なんか背中がムズムズしますぜ。

Mono:http://www.unoriginal.co.uk/Audio/Mono.mp3
Stereo:http://www.unoriginal.co.uk/Audio/Stereo.mp3
Holophonic:http://www.unoriginal.co.uk/Audio/Holophonic.mp3

最後のは凄いよね。楽しめたかな?
[PR]
by maguma55 | 2006-02-19 15:09

雪山

ここSanJoseは前に住んでいた所よりも幾分暖かいのですが、最近は気温の変化が激しいのです。つい最近まで半袖のT-shirtで外を闊歩していたのに、ここ数日はコートの助けを借りています。寒いのか暖かいのかよく分からない場所ここSanJoseはSilicon Valleyと呼ばれるだけあって周りをしっかり山に囲まれています。自分の大学の図書館の最上階からはよくその山々の景観を楽しめるのですが、今日は山の頂上付近に薄らと雪が積もっている様子を確認出来ました。日本に帰っていた時に雪を見る事が出来なかったので、ここSan Joseで予期せず見る事の出来た雪を見て少しうきうきしました。
特にネタも何もない時は俺の日記なんてこんなものです。
[PR]
by maguma55 | 2006-02-18 08:49

Kero One

最近Kero Oneが熱いです。iTunesで色々曲を見ていたら、Kero Oneの新曲が出ていたので試聴をしてみました。するとどうでしょう、鳥肌ものの出来ではありませんか。彼の『The Check Blue Prints』というアルバムは持っていたのですが、個人的には今回新しく買った、『Windmills of the Soul』というアルバムの方が好きであります。この中でも好きなのが、4曲目の『My Story』,6曲目の『Ain't That Somethin?』,8曲目の『In All the Wrong Places』の三曲です。なんか、ゆったりとした感じの良いJazzy Hip-Hopであります。少しでも興味がある方、もしくはiTunesがPCに入っている方は試聴してみて下さいな。結構格好いいです。
あと前述した、この人の『Check The Blue Prints』というアルバムも凄く良いです。『Check the Blue Prints』と『The Cycle Repeats』というナンバーが良いです。ゆっくり落ち着きたい時にでもどうぞ。『Windmills of the Soul』の方がゆったり出来るかな。
以上magumaの音楽お勧め情報でした。
[PR]
by maguma55 | 2006-02-17 16:58

バトン『アメリカ』

maruから頂いた『アメリカ』に関するバトンをやらせて頂きます。

Q.PCまたは本棚に入っている『アメリカ』に関するものは?

A.アメリカに関する本。今取っている授業の教科書ども。あと、e-mailで人とやり取りする時に重宝する「e-maiすぐに使える英語表現」という本。助かります。あとは、ドラゴンボールの英語バージョン。面白いですよ、これは。フリーザとかザーボンが流暢な英語を使っています。

Q.今妄想している『アメリカ』に関することは?

A.俺がアメリカに妄想している事?どないやねん。ええと、皆拳銃持ってて、皆髪の毛パーマかかってて、皆凄くフレンドリーで、でも、皆レイシストで、とか?これは昔妄想していたことか。
今現在妄想している事と言うと、戦争が早く終わって、早いとこアメリカの利益が確定して授業料が低くなる。そして、Non-resident feeも安くなる。って言う所ですな。

Q.最初に出会った『アメリカ』は?

A.最初に出会ったアメリカ? Mr.リート?あの奇妙な踊りは今も忘れない。

Q.特別な思い入れのある『アメリカ』に関するものは?

A.そうだなあ、初めて住んだ町Pleasant Hillですかな。ホストファミリーはそこに住んでいるし、俺の行っていたCommunity Collegeもそこにあったし。田舎町ではあるけど、凄く良い町でした。あのホストファミリーは忘れられないですぜ。良い方々でした。

Q.最後にバトンを渡したい人とそれぞれのお題は?
では、前回バトンを渡していない人に回そうかな。
一足先に働き始めている『コヒケン』忙しいとかいう言い訳は無しでやってくれるかな。
お代は『テレビ局』。
因にお代は今の所全部4文字(アメフト→アメリカ→テレビ局)で出してるからな。
しっかり次の人に回してな。
[PR]
by maguma55 | 2006-02-14 11:41
ぐめんな、あっあっい!
http://hiroimono777.sakura.ne.jp/douga/0119_iiwake.html
幸ちゃん凄いなあ。独特のノリと効果的な流し目。
そして、ナズのはちゅおん。
この人こそエンターテイナーだ。
しかし、司会者のコメントもどうかと思うなあ。
ハイセンスで、イケイケなカラオケ大会をどうぞ。
[PR]
by maguma55 | 2006-02-14 05:19

カートリッジ戦略

ずいぶん久しぶりの日記になってしまいました。
もしも私の日記などを「ああ、別に読んでやっても良いよ。そんなに嫌いじゃねえし。時間があれば読んでやるよ。うん。」なんて少し強がりながらも楽しみにしてくれている方々がいたならばすみません。
で、最近というかずいぶん前から憤慨していた事なのですが、プリンターを制作している会社のカートリッジに関する戦略が嫌らしいと言うか好きではないのです。例えば自分はhpの3320というものを使っており、自分の実家でも確かhp製のプリンターを使っていたはずです。hpといえばカーリー・フィオリーナという44歳の女性社長を誕生させた中々前衛的企業で、こういった事からもイメージは良いのですが、プリンターに関しては中々賢い事をしてくれやがっています。プリンターを作っている会社に取っての一番の利益は恐らくカートリッジの様な消耗品でしょう。プリンターでも勿論稼いでいるとは思いますが、自分はそれよりも消費者達がプリンターを購入した後のインクカートリッジに企業側には何よりもうまみがあると睨んでいるのです。これは携帯と基本使用料との関係に似ている気がしますな。
で、何故プリンターを作っている会社に取ってカートリッジにうまみがあると考えるのかというと、まず彼らは何としてでも僕らプリンター使用者にインクを使わせようとしているからです。今度プリントをする時にpc画面やプリンターそのものをよく見てもらえば分かると思うのですが、奴らは必ずプリントの品質の初期設定を『きれい』とか『高画質』にしています。これで、使用者が設定をノーマルやエコノミックに変えない限りインクの使用量が増えます。これに対して、なにゆえ初期設定をノーマルやエコノミックにしていないんだ、と問いつめれば「当社製品クオリティーの高さをお客様に知って頂きたいが為です。」とか「当社は製品の安売りはいたしません」とかぬかすのでしょう。こうして、早くインクカートリッジを消費させあの高いインクカートリッジを改めて買わせるのです。いやらしい、しかし、見事な作戦。見事な戦略。
もう一つ、先日キャノンとリサイクル・アシストというインクカートリッジのリサイクル品を扱っていた会社に大して訴訟を起こしていた件ですが、これも一番の旨味を他の企業に侵害されまいとした、一世一代の戦いだったわけですね。こういったことからも、いかにプリンターを作っている企業に取ってインクカートリッジが大事であるかが分かるわけです。
しかし、消費者の立場からしてみれば、初期設定を『高画質』にしてあるのには消費者の財布より企業の利益にぷらいおりてぃーを置いている気がして中々納得いかないのです。まあ、会社側としては企業の利益+出来るだけ良い品質をお客様へという考え方もあるとは思うのですが。葛藤だ。
[PR]
by maguma55 | 2006-02-13 20:44