magumaの日常を半強制的に知らしめるページ


by maguma55

<   2006年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Family comes first.

今日"Click"という映画を観た。
アダム・サンドラー主演の映画で、主人公であるアダム・サンドラーが自分の周り全てをコントロール出来るリモコンを手に入れ、それを使って自分の好き勝手やっていくと言うストーリーである。
コメディータッチの映画で、宣伝などでは特に面白い場面を推していたので完全にコメディーだと思って観に行ったのですが、内容は観る人を感動させる場面が多々あり自分は後半ジーンとしてしまい、目から汗が出るかと思いました。
本当に、自分が思っていたのとは違って色々考えさせられる内容で、共に観に行ったアレックスも「これは凄い。色々考えちゃうな。」と言っていました。
自分が何の為に働いているのか、人生において家族を優先するのか、仕事を優先するのか、そう言った事がメインでした。
自分としてはこの映画かなりお勧めです。
映画の最後の方でアダム・サンドラーが結婚したばかりの自分の子供がハネムーンをキャンセルして突然入った仕事を優先しようとした時に言った"Family comes first. Honeymoon."という言葉が特に印象的でありました。
色々な考え方、生き方と言うものがあると思いますが、この映画が伝えようとしているアイデアも選択肢の一つとして考えておくべきだなと思った次第であります。
映画って本っ当に良いものですね。
[PR]
by maguma55 | 2006-07-18 15:49

好判定

好判定を繰り出す日本人審判団

素晴らしい。遂に日本もここまで来たか。どうやら日本人の審判2人(上川徹氏&広嶋禎数氏)がそれぞれW杯3位決定戦の主審&副審を務めるらしいのだ。
すげえ。日本代表より一歩先にベスト4までいってしまいましたな。
しかし、彼らも日本代表と同じ存在だと思います。日本審判団の代表ですからね。
これは、日本代表を応援するのと同じ位のテンションで応援せねばと思うのです。
何しろ、主審と副審を日本審判団代表が務めるのですぜ。これは歴史的快挙だ。
2002年の日韓W杯では一足先に日本製のホイッスルがすでに決勝進出をしていたようですが。
遂に人間も3位決定戦まで進みましたな。めでたい。これはめでたい。
これはドイツとポルトガル代表の頑張り以上に上川さんと広嶋さんの好判定に期待です。W杯が俄然楽しみになりましたな。
[PR]
by maguma55 | 2006-07-07 09:20
は、チンギス・ハーンなのではなかろうか。
以下はwikipediaからの引用です。

チンギス・ハーンの子孫

モンゴル帝国のもとではチンギス・ハーンとその弟たちの子孫は、「黄金の氏族(アルタン・ウルク)」と呼ばれ、ノヤンと呼ばれる一般の貴族たちよりも一層上に君主として君臨する社会集団になった。またモンゴル帝国のもとでは遊牧民に固有の男系血統原理が貫かれ、チンギス・ハーンの男系子孫しかハーンに即位することができないとする原則(チンギス統原理)が広く受け入れられるようになった。

13世紀の後半に、モンゴル帝国の西半でジョチ、チャガタイ、トルイの子孫たちはジョチ・ウルス、チャガタイ・ハン国、イルハン朝などの政権を形成していくが、これらの王朝でもチンギス統原理は根付き、チンギスの後裔が尊ばれた。14世紀後半、モンゴル帝国の西半でチンギスの子孫の政権が次々に倒壊し、元が明に中国から追い出された後も、西チャガタイ・ハン国を再統一した非チンギス裔のティムールはチンギスの末裔を傀儡のハーンに立てなければ支配の正統性を示すことができず、15世紀の半ばの北元で非チンギス裔でありながらハーンに即位したオイラトのエセンは即位後すぐに内紛によって殺害された。

チンギス統原理はその後も中央ユーラシアの各地に長く残り、18世紀頃まで非チンギス裔でありながら代々ハーンを名乗った王朝はわずかな例外しかあらわれなかった。モンゴルやカザフでは、20世紀の初頭まで貴族階層のほとんどがチンギス・ハーンの男系子孫によって占められていたほどであり、現在もチンギス裔として記憶されている家系は非常に多い。

こうしたチンギス裔の尊崇に加え、非チンギス裔の貴族たちも代々チンギス・ハーン家の娘と通婚したので、チンギス裔ではなくとも多くの遊牧民は女系を通じてチンギス・ハーンの血を引いていた。また、チンギスの女系子孫はジョチ・ウルスの貴族層とロシア貴族の通婚、ロシア貴族とヨーロッパ貴族の通婚を通じてヨーロッパに及んでいるという。

2004年にオクスフォード大学の遺伝学研究チームは、DNA解析の結果、チンギス・ハーンが世界中でもっとも子孫を多く残した人物であるという結論を発表し、話題を呼んだ。彼らによれば、今現在彼の遺伝子を引き継いでいる人物は世界中で1600万人いるとされる。この解析でマーカーとされた遺伝子は、突然変異頻度に基づく分子時計の推計計算により、チンギス・ハーンの数世代前以内に突然変異によって生じた遺伝子である可能性が高い、という。

リンク↓
チンギス・ハーンについて

凄いです。チンギス・ハーンの遺伝子を引き継いでいる人物が1600万人とは。
繁殖活動が人間の一義的使命だとしたらチンギス・ハーンは最も成功した人物ですな。
子孫が1600万人と考えていいんだよな。凄いなあ。
世界最大のファミリーだね。
[PR]
by maguma55 | 2006-07-06 08:56

電話ボックス

電話ボックスに関する面白い話を見つけたので紹介。

世界まる見えで「電話ボックスに閉じ込められ、
コインも使い果たしたので電話もできず、おーい助けて〜と中から
呼びかけても、外からは変なおじさんが騒いでるのでスルーしよう
としか見えない」という話があった。
そのおじさんは長い時間閉じ込められた後ようやく救出されたけどね。

と言う話です。電話ボックスに閉じ込められたら叫んではいけないと言う事ですな。
確かに俺が閉じ込められたとして、「お〜い、出してくれ!助けてくれよ!!」とか目をひんむいて凄い形相で叫んでたとしたら確かに誰も近寄りたくなくなるよな。
特に、人通りの少ない夜道にある電話ボックスなんかでは確実に人はよってきません。
こういう時はどう周りの人に気付いてもらうべきなのでしょうか。
このまま凄い形相で雄叫びをあげていても解決にはなりません。
と言う事で、もしもの時の為に色々解決策を考えておきましょう。

解決策候補1 持っていたルージュで「助けて」とガラスに書く。しかし、この方法には難点がありまして、男の自分は普段ルージュを持っていないと言う事です。これは女性だけにやさしい解決策であります。それでも、人通りの少ない夜道にぽつんとある電話ボックスのガラスに赤いルージュで「助けて」と書いて押し黙っていては怖くて誰も助けには来てくれませんな。

解決策候補2 解決策候補1で見つかった道行く人に与える恐怖感を減少させるべく考えだされた電話ボックスからの脱出方法2番目は、ピエロの格好をして相手の警戒心を解きそして救助を呼んでもらうというもの。万人受けして更には人の注意を引きつける事この上ないキャラクター"ピエロ"と言うのは中々のアイデアだと思います。しかしながら、問題はピエロの演出上、声を出して話してはいけないと言う事です。ここに来てピエロと言うキャラクターが裏目に出ました。人の注意を引きつけて自分が電話ボックスに閉じ込められていると言う事をアピール出来たとしてもこれを正しく伝えきるのはかなりの難儀。ピエロ検定3段くらいの人間でなければ完全に伝える事は無理でありましょう。よって、この方法はピエロ検定3段以上の人への解決策です。ピエロ初心者の方々は道行く人を楽しませただけで脱出出来ずじまいです。

解決策候補3 解決策候補1、2ともいい所までいくも、肝心な所で致命的弱点が露出してしまい解決策とはなりませんでしたが、ここに来ていい案が浮かびました。電話ボックス内にある電話を使うと言う方法です。地味ながら確実に助けを呼べる最適な方法では無いでしょうか。警察などに電話すると「電話ボックスに閉じ込められた?おととい来やがれこのボケたれが。」とか言われてしまいそうなので、近くの友人や家族に電話をして正直に「電話ボックスに閉じ込められました。助けにきてくれます?」とい言いましょう。思いやりのある家族や仲の良い友人ならきっと助けにきてくれます。

ということで、こういう災害には普段からの供えが必要です。
常日頃から電話ボックスに閉じ込められたらどうすべきかなどを考えておくといいでしょう。
[PR]
by maguma55 | 2006-07-01 12:15