magumaの日常を半強制的に知らしめるページ


by maguma55

<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

sumo wrestler

先日、白鵬に関しての記事があったのでそれを読んだ時、彼に興味が湧いてWikipediaで調べてみたのです。
彼が旭鷲山をつてにモンゴルから日本に渡って来た時、彼の小柄な体格が災いしてか、どの部屋の人間も興味を示さなかったというのです。結局そんな彼を哀れんだ旭鷲山と師匠の大島親方が宮城野親方に相談して宮城野親方が若かりし白鵬を受け入れたのです。
そんな小柄で、将来の期待も持てない彼に宮城野親方も実は期待はしていなかったらしいのですが、それから2ヶ月間、稽古よりも飯というかんじで、毎日吐く程に喰わせて牛乳も飲ませたという事です。

本当に人間の人生って言うのは予想がつきません。
どの部屋も興味を示さなかった白鵬関が横綱になってしまうとは。
そして、そんな小柄で期待も出来なかった若かりし頃の白鵬を2ヶ月間もの間吐く程喰わせてひたすら世話をし続けたと言う宮城野親方の器量のでかさにも感服です。
そんなこの上ない恩がある宮城野親方に、横綱になるという最高の方法で恩返しをする白鵬。粋な話じゃねえですか。

ただ、横綱と大関の6人中、外国人が3人というのは悲しい状況な気がします。何しろ相撲は日本国の国技です。レイシストと呼ばれても構いません。白鵬の様に若くしてモンゴルから日本に渡って来て相撲の頂点を極めるというは勿論素晴らしい事です。
しかし、それ + 横綱にも同数程度の日本人がいたらより相撲も楽しいだろうなと思うだけです。かつての『若貴vs曙』みたいな様に。

今後の相撲界の展開に期待です。
[PR]
by maguma55 | 2007-05-27 09:09
よくある、壁掛けポスターの即売会みたいなものをやっていました。
で、商品を売っている人々が必ずやるのが、店じまいの寸前にメチャクチャ値下げする戦法。
例えば、昼は2点で$15とかで売っていたものを、2点で$10で売ったりする方法です。
じっさい、昼間より値段が安くなると人が集まってきます。
3、4個商品を抱えている学生もいたしね。
俺が思うにこれは店側が在庫を抱えたくないからとかそういう問題ではなくて、実は2点で$10が最初から適正価格なのだと思います。
昼間$15で売っている時に商品が売れれば儲け物。
でも実際は夕方2点で$10大安売りと銘打って売り出した時が勝負の様な気がするのです。
これは巧みに購買者心理をコントロールしていますね。
良く通販のテレビで『本来1点¥36,000の羽毛布団を3枚組&今回は高枝切りバサミと小型ミシンをお付けして¥10,000でどうぞ!!!』
なんていう、どう考えても1枚¥36,000なんてウソなのに、超アホな組み合わせ&劇的値下げで判断能力を失った購買者を巧みに誘っているCMがありますが、今回Student Unionでポスターを売っていた店もそれに近い感じがしたのです。
2点併せて購入すれば$10という点と、値下げ戦法です。
少し気になったので書いてみました。
[PR]
by maguma55 | 2007-05-18 14:51

先日学校で

試験を受けた後、腹が減ってどうしようもなくなったので学校にあるバーガーキングでチーズバーガーとポテトのラージを買いました。$3.00弱の値段で買えたので中々良いコンビネーションだったなと我ながら感動したわけですが、本題はんな事ではございやせん。
教室に行く途中にあったベンチに座りむしゃむしゃと無心にハンバーガーを喰らっていると、無心だったにもかかわらず、あるダンゴムシの様な奴が地上を這っていたのです。
彼は何をするでも無く、ただただ無心で地上を這っていました。というか、無心と書くと聞こえが良いのですが、悪くいえば無計画です。かなりのアホな這い方をしていました。
図で表すと、
     ↓
   ←←↓←←←←←←←
     ↓      ↑
     ↓      ↑
     ↓      ↑
     ↓      ↑
     →→→→→→→→
という感じで這っていたのです。
これを見た大半の方は「無計画やな。このダンゴムシ。」と思われたはず。
だって、俺のやじるしにして26〜27個もの動きを見せておきながら、最終的な到達地点はスタート地点から左にやじるし2個分です。
「こいつはマジで何をしたいんだろう?」と激しく思いながら、チーズバーガーを喰らっていたわけですが、その道がまた生徒の通りが中々激しいのです。
ダンゴムシは4度5度踏まれそうになっていたわけですが、なかなかどうして運の良いこのダンゴムシは神懸かり的に踏まれなかったのです。
うん、これこそまさに運命だな、と改めて運命の凄さを感じながら彼を見守っていたのでした。。。。















































































しかし、話はまだ終わらない。
そんな、神懸かり的な幸運を引っさげて学内を、縦に横にやじるし26〜27個分もの動きを見せていた彼が踏みつぶされました。

            ↓
       x←←←←←↓←←←←←←←
   ここら辺で    ↓      ↑
            ↓      ↑
            ↓      ↑
            ↓      ↑
            →→→→→→→→

やじるしにして30個目辺りで、
そこゆく、アジア系の学生に。そ
の学生はその元神懸かり的な幸運の持ち主のダンゴムシを踏んだ事にも気づいていませんでした。目的が無かった虫なのでそこまで、無念さは無かろうが、踏んだ奴に踏んだ事も気づかれずにこの世を去るとは可哀想なダンゴムシだなと思った次第です。自分はそのダンゴムシを踏んだことには全く気づかずiPodを聞きながら、軽くノリながら、向こうへ歩いていったアジア系学生を見届けつつ、元神懸かり的幸運の持ち主ダンゴムシの亡骸を彼の通ったコースを回想しながら幾秒か見つめ、そしてその場を去りました。
あのダンゴムシが何を本当にしたかったのかが今でも気になります。
[PR]
by maguma55 | 2007-05-05 20:02